読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでも歩けるはずなんだ

読書と仕事と妄想と。ゆるゆるやっていきたいです

旅で学ぶのは若者だけなのか?-石井桃子『石井桃子コレクションⅣ 児童文学の旅』感想

f:id:onomachi009:20151015233527j:image
 石井桃子という人をご存じですか? 小さい頃から本好きだった人、絵本が好きな人、児童文学に興味のある人は「当たり前やろ」と思われたかもしれませんが、一応ここに、本書のカバーに載っている、彼女の来歴を引用しておきます。

石井桃子
1907年埼玉県浦和に生まれる。日本女子大学校英文学部卒業後、文藝春秋社、新潮社で編集に従事。戦後、宮城県鷺沢で農業・酪農をはじめる。その後、1950年ー54年、岩波書店で「岩波少年文庫」「岩波の子どもの本」の企画編集に尽力。一年間の海外留学を経て、荻久保の自宅に私設の図書室「かつら文庫」を開く。長年にわたり児童文学作家、翻訳家として活躍。『ノンちゃん雲に乗る』などの創作のほか、『クマのプーさん』『ちいさいおうち』「うさこちゃん」「ピーターラビット」シリーズなど数多くの翻訳を手がける。2008年4月、101歳で逝去。

 この引用をザッと流し読みしただけでも、波瀾万丈な人生を歩まれてきたのではないかなぁという事が伺えますね。

 1900年代生まれの女性で、大学まで行ったというのがまずすごいです(祖母から、戦後すぐくらいの頃は、高卒=高学歴だったと聞いたことがあります。今だったら……相当する学歴はあるのだろうか?)。また、女性は学校出たら結婚みたいな風潮だったろうに、出版社に勤務していたという。そして戦後は農業・酪農をはじめるも、再び出版業界に帰り、数々の名作・名翻訳を残す。

 次の朝ドラのヒロインは石井桃子が来るんじゃないかと、密かに思ってしまいました。来たらいいのになぁ。児童文学とか図書館に(いい意味で)注目が集まるんじゃないかと、思っているのですが。

 

 さて、石井桃子さんの衝撃的なプロフィールについて長々と語ってしまいましたが、中身に入ろうと思います。

 本書はタイトルにある通り、岩波現代文庫から出ている「石井桃子コレクション」シリーズの4冊目です。本当は、長編小説『幻の朱い実(上)(下)』か、『新編 子どもの図書館』が欲しかったのですが、店頭になかったため、本書を手に取りました。旅行記も好きだし、という気軽な気分で。

 構成は、次のようになっています。

  • 第1章「出会いの旅」……1954年ー55年の児童文学を勉強するための旅(行き先は、アメリカとカナダ)についてのエッセイ
  • 第2章「再会の旅」……1961年、トロントでのおはなし大会にに出るついでに、世界にいる出版・図書館関係の友人たちと会う旅をした時のエッセイ
  • 第3章「イギリス初夏の旅」……1972年、ファージョン『リンゴ畑のマーティン・ピピン』とビアトリクス・ポターの絵本のシリーズの訳が、本になる前に、舞台になった場所を自分の目で見ておこうと思い、イギリスの湖水地方を旅した時のエッセイ
  • 第4章「想い出を追って」……1976年・1979年、カナダ・アメリカに、老いていく出版・図書館関係の友人たちを訪ねた旅のエッセイ

 

 石井桃子が、1907年生まれの人だという事は先程引用しました。つまり彼女は、第1章の時点では47~48歳、第4章の1979年には72歳になっています。今ならば、飛行機などの交通も整っていますし、元気なシニア層の方も多いので、72歳になったってカナダやアメリカに行けるだろうと思います。しかし、当時は海外に「気軽に出られる時代ではなかった」事を考えると、はあ、すごいなぁと、プロフィール同様驚いてしまいます。

 しかし、驚くのはこればかりではありません。名作を数多く残している石井桃子によって書かれた物なので、当然(と言い切るのはアレだけど)情景描写や人物描写は素晴らしいです。ですが、彼女は、お年寄りと言っても良い年代になっても、旅の中で「あ、あの英語はこういう意味だったのか」「あの挿絵は、この景色から生み出されたものだったんだ」と多くの事を学んでいきます。

 

 私たち若者は、「旅に出ろ」とよく大人から言われます。理由は、若いうちは柔軟だから異文化を素直に学べるとか、旅のトラブルや孤独と立ち向かう中で自立心が養われるとか、色々あるようです。

 私自身も、そういう主張に納得が行くような気がする時もあります。しかし、この本を読んで、旅から何かを学ぶ能力というのは、年齢によるものじゃなくて、才能なんじゃないかと思うようになりました。旅から何かを学ぼうとする意志のある人(年齢制限なんてなし!)による旅であることが、重要なんじゃないだろうかと。