読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでも歩けるはずなんだ

読書と仕事と妄想と。ゆるゆるやっていきたいです

倉敷尾道旅行【倉敷編】

旅行二日目。今日は母とふたりで倉敷を観光。昨日の尾道旅行で歩きすぎ、足全体が筋肉痛だったけど、美観地区を中心にたっぷり楽しめて満足している。
f:id:onomachi009:20160311222815j:image

まずはホテルで朝ごはん。
f:id:onomachi009:20160311222853j:image
旅行中はあまり間食をしないからお腹が空いていたのもあって、すごく美味しく感じた。特に白米! 朝っぱらからご飯お代わりしました😋

母と合流し、国指定重要文化財・大橋家住宅へ。座敷もお庭も美しくて、うっとり。
f:id:onomachi009:20160311223431j:image

信号を渡ってまっすぐに行くと、大原美術館。とても立派な美術館です。今は、エル・グレコ等の名作は東京に出張中とのことだが、それでも見応えは充分すぎるほどだ。
f:id:onomachi009:20160311223842j:image
本館、分館、工芸・東洋館、児島虎次郎記念館の4つからなっており、入場料は一般で1300円。や、安い…。筋肉痛で階段を登るのがあまりに苦痛で、本館と分館のみ回ったけれど、それでもお腹いっぱいだ。

美術館を歩き回ったら、隣の喫茶店エル・グレコで休憩。
f:id:onomachi009:20160311224340j:image
何というか、幽霊屋敷みたいな見た目ですが(失礼)中はとても可愛い感じです。紅茶とケーキでエネルギー回復。

あとは、美観地区をうろうろ。
f:id:onomachi009:20160311224617j:image
有隣堂(通称・緑御殿)。緑がかった瓦とオレンジの壁が可愛い

f:id:onomachi009:20160311224738j:image
↑酒屋さんらしい。黒い壁に茶色いぼんぼん(?)がすごくいい

f:id:onomachi009:20160311224836j:image
↑古本屋・蟲文庫。何と、前から欲しかったけど高くて買うのを躊躇していた本を発見! 即買いました☺️

f:id:onomachi009:20160311225017j:image
倉敷川を川下りしながら撮ったもの

古くからの街並みが今も残り、白壁が広がる倉敷美観地区。これらは後から作ったものではなく、前からあったものを改修しながら使い続けている、と川舟の船頭さんが言っていた。
倉敷美観地区の辺りは、戦争時に空襲を免れた。その理由としては、大原美術館が西洋の名画を集めていたために、爆弾が落とされなかったという説がある。

空襲がなければ、どれだけのものが私たちに残されていたのだろう。空襲がなくたって、時代とともに建て替えられていったかもしれないのに、そう思わずには居られなかった。


中国地方に行くのは、今回の旅行は初めてだった。白壁の街倉敷に、海辺の町尾道。どちらもすごく楽しかった。岡山県広島県ともに、他にも名所はたくさんある。いろんな所に行ってみたい。