読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでも歩けるはずなんだ

読書と仕事と妄想と。ゆるゆるやっていきたいです

自分の幸せは自分で決める。ーCathie.BLACK『成功する女性の教科書』感想

読書 仕事

社会人になって三ヶ月。

図書館員という仕事は思いの外体力を消耗し、しかも図書館は全然安全な場所じゃないってことが分かってきた。しかしまぁ、体力のセーブの仕方とかメンタルの調子を整えるすべなんかを少しづつ学び、そこそこ時間に余裕のある生活を送れつつある。本を読む時間が取れるようになってきたのは、本当に嬉しい。

 

最近興味があるのは、女性の生き方に関する本だ。有名(あるいは無名)な女性の伝記や回顧録や、女性向けの自己啓発本を読むようになった。

 

今日、Cathie.BLACK『成功する女性の教科書』を読み終えた。

f:id:onomachi009:20160811163107j:image

理想の人生というのは、当然だけれど、人によって違う。

女性の場合だと、仕事も家庭も両立させたいという人もいるし、子どもができたら家庭に集中したいという人もいるし、仕事もそんなにしたくないし家庭も持ちたくないという人もいる。他にもいろいろあるだろう。

ちなみに私は三番目だ。子どもを産む気はない、というと「じゃあ仕事をバリバリするのね」と言われたり、逆に仕事はそこそこにしたい、というと「じゃあ家庭を大事にしたいのね」と言われたりすると、本当に不思議なんだけど。仕事も家庭もそんなに興味ないって人もいるだろ、と思う。何でそういう人たちは見えてないんだろう。せめて自分のブログで「仕事も家庭もそこまで興味ない人もいますよー!」と訴えておく。

 

著者のCathie.BLACKは、月刊誌の雑誌社としては世界最大の規模であるハースト・マガジンズの社長である。女性の社会進出が日本より遥かに進んでいるアメリカでも、この地位に就いている女性はとても少ない。そんなすごい人が書いた本だから、きっと「何が何でも仕事に食らいつき、男性社会の中で出世する」ための方法が書かれているのかと思っていた。

 

でも、違ってた。

 

まずは自分の幸せが何なのか、得意なことは何なのかをよく考えること。ライフスタイルは人それぞれなのが当たり前なのであり、いつも自分が楽しくいられるバランスを自分で決め舵取りをすること。仕事以前に、大切なことを教えられた。

この本を読んでいて、社会情勢だとか、世間の価値観、周囲のプレッシャーが求める型にはまらなくてもいい、と励まされているような感じがした。

 

私の幸せは、文章を書くこと、本を読むこと、家族や友達と話すこと、自分が心地よいと感じるペースで生きることだ。突きつめると、「自分の時間を常に持っている」ことである。だから、仕事も家庭もいらない、という人生設計になる。生きるのにお金はいるから、仕事はするけれど。

 

私の人生設計を、誰かから軽蔑されても構わない。間違いなく私は、自力で幸せになれる人間なのだから。