どこまでも歩けるはずなんだ

読書と仕事と妄想と。ゆるゆるやっていきたいです

最強に痛快お仕事小説『Bの戦場』【感想】

世の中、星の数ほどの仕事はあれど、「ぜっっったいにできない」仕事が3種類ある。

①他人の命を預かる仕事…医療関係全般、警察官や消防士、学校や保育園、幼稚園の先生など。自分の判断ミスが他人の命を奪いかねない仕事

②他人の人生と強く関わる仕事…お金や住宅がこれに当たる。生きていくために必ず関わらなくてはならず、失敗した時の重症度が高い仕事

③華やかな仕事…なんか、キラキラした感じの仕事(突然曖昧になる)。イメージとしては、ホテル業界とかファッション業界とか? 職種によってはできるかもしれない

 

自分にできないことができる人を賛美せずにいられないので、この三つのどれかに就いている人と知り合いになってしまうと「ひぇえええすごいっすね?! 神?!!」と語彙力がアレなことになってしまう。不審者で申し訳ない。私には「医者や弁護士と結婚して玉の輿〜👰」とかいう芸当はできそうにない。

 

さて、この中で③に当てはまる(②の要素もあるかな?)、ブライダルプランナーの小説を読んだ。その名も『Bの戦場』。うん? 君も戦っているのかい? 何だか突然親近感が湧いてきた(当方図書館勤務なのだが、日々不審者と戦っていますマジで)

f:id:onomachi009:20170925143103j:image

主人公・香澄は下積み1年プランナー歴6年のブライダルプランナー。丁寧・誠実・親切な仕事ぶりでお客様や社内からの信頼も厚く、新人指導も熱心にする、仕事のできる女である。

これだけなら、私みたいな仕事のできない人間は臆してしまうのだが、香澄にはもうひとつの側面がある。

それはーーー「絶世のブス」だということ。

物心ついた時からブスで、清潔感のある身だしなみ、メイクもちゃんとしてる、太っているわけでもない、努力しているのにブスなのだ。(但し整形はしていない)

「ブス」って、ものすごくハンデだ。競走に例えるならば、美人はスタート地点がちょっと前の方、普通の人は普通のスタート、ブスは後方どころか体が半分くらい地面に埋まってるような感じである。

それに加えて、世の中女性への見た目の評価が多すぎる。よう世間、お前らは何回私たちを批評すれば気が済むんだね? 

無傷のブスなんていない。

にこにこ笑っていても、本当はこれ以上傷つけられないように、笑顔を鎧って、痛みに耐えている。

 

小さい頃見た、結婚式でお姫様みたいに笑ってた従姉妹のお姉ちゃん。でも自分はブスで、きっとお姫様になれないから、最高の結婚式になる魔法をかける人になろうと思い、選んだブライダルプランナーという仕事。

わたしはブスだ。

でも今は、こう思える時がある。

わたしのブスが、誰かを勇気づけることがある。それって結構すごいことだとーーーそう、誇らしく思える瞬間が。

わたし自身は綺麗になれなくても……人に自信を持たせることが、わたしの自信になる。

ブライダルプランナーはプレッシャーが重く、帰宅も遅くなりがちで、体力的にも精神的にもキツイ仕事だ。それでも香澄が、ブスであることに滅多打ちにされながらも、最高の式を作り上げることができるのは、誇れる瞬間があるからなのだ、と胸が熱くなった。あとブスを仕事の強みにしてるとこすごく好き。

 

まだ読んだことのない人はぜひ読んでほしい。結婚するかもしれない方はもちろん、予定もないしそもそも相手がいないのに香澄さんにプランニングを頼みたくなること必至だ。

 

 

 

あ、仕事への姿勢に感動しすぎて忘れてたけど、恋愛要素もあります! コミカルでめちゃくちゃ面白い。超弩級のB専・久世課長(こっちは絶世の美男)に言い寄られ「うるせえ変態!」と逃げ回りつつ仕事に邁進する香澄。この恋(?)は進展するのか…? 次巻を早く読まねば!