どこまでも歩けるはずなんだ

読書と仕事と妄想と。ゆるゆるやっていきたいです

あけましておめでとうございます

2017年になりましたね。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 f:id:onomachi009:20170101212707j:image

怠けやすい自分を追い込むために、ブログで今年の目標を書くことにしました。年末の自分覚悟しとけ、さぼったらこのエントリー読めなくなるぞ。と自分に脅しと呪いをかける。

 

まずは、生き方について。

今年は、もっと主体的に、積極的に、自分の生活を自分で舵取りできるようになる。操り人形になるのはもうやめだ。わたしは、個性を持った人間になる。ちゃんと自分の頭で考えるし、納得いかないことには反論すること。

 

次に、行動目標。

1、そこそこ長い小説を書く。

去年は掌編小説しか書いていないので。恋愛小説を書きたいなあ。恋愛経験ないけど←

2、歴史ストレスについて本を読んで勉強する。

Yuri on ice!!!にハマったこととによりロシア→ロシアの歴史→世界史(日本史含む)と興味が広がりつつあるので。

あと、ストレスと病の関連について調べたくなっている。だって面白くないですか?? ストレスが原因で耳聞こえなくなったの。現象として面白くない???

3、興味がある分野のイベントに参加して友達を増やす。

不定休なのでイベントに参加しづらかったけど、有給取れるようになったのでガンガン取っていきます。体力もつけなきゃね

4、英語の勉強をやり直す。

実は数年前からずっと思ってる…今年こそはって

5、大学で講義を受けてから放置していた、中国語とフランス語の勉強をする。HSK仏検を受ける。

響きが何となく好きという理由だけで取った中国語とフランス語だけど、確実にわたしの世界を広げてくれた。特に中国語は、よほど発音が好きなのか、今でもテキストを音読してるだけでプチ鬱くらいなら治る。英語のやる気を出すためにも、メンタルのためにも、中国語とフランス語を勉強します

 

行動目標というほどではないけれど、自分の小さな夢というか、憧れていること

・副業をする

びっくりするほど安月給なのもあり、いろんな仕事をしてみたいという思いもあり。

 

いろいろ盛りだくさんにしてしまったけど、無理せずマイペースに勉強したりお出かけしたり働いたり、楽しい一年にしたいと思います。幸せな年になりますよう。

 

あなたからの「可愛い」はいらない。

 人から見た目をどうこう言われることが大嫌いである。私の顔は私のものだと思っているので、「どの面下げて人の顔にケチつけてんだ?? あ゛???」とやさぐれてしまう。

 

続きを読む

本質はシンプルな話で-牧村朝子『ゲイカップルに萌えたら迷惑ですか?』感想

 すっかり寒くなりましたね。何か「あれー秋のわりに暑いなー」とか言ってたら一気に気温が下がったような気がするんですが。秋はどこだ?! 私の好きな秋は!!!

 

 仕事が何か立て込んできて、疲労で休みの日はひたすらベッドの上でツイッターやら刀剣乱舞やらPixivでひたすら画像を見るという自堕落な生活(まあそれはそれで充実してるのかもしれませんが)を送っていたのですが、最近少しずつ体調とメンタルが復活してきました。今は、自堕落ライフの間に溜まったそびえ立つような積読本を崩しにかかっています。読書って本当に癒されるね。何か、カッサカサになっていた自分の内面が潤されていくような気がする。きっと、私は一生本を読み続けるだろうなあ。

 

続きを読む

罪を追う夏休みー竹宮ゆゆこ『知らない映画のサントラを聴く』感想

10月になりましたね。

一番好きな季節だぜひゃっほー! と思っていたら、雨は続くし何か暑いし、釈然としないまま秋を迎えた今日この頃です。みなさんいかがお過ごしですか。

 

さて、久しぶりに読んだ本の感想。

竹宮ゆゆこの『知らない映画のサントラを聴く』。

f:id:onomachi009:20161003162226j:image

続きを読む

「日記帳」に憧れる

昔っから飽き性で、何かを続けられたためしがない。

中三になって高校受験のために通い出した塾は3ヶ月で辞めたし、高校時代にやってた演劇部は夏休みに辞めた。大学時代にやった初めてのアルバイト(スーパーのレジ打ち)は、とにかく接客が苦行だったのと専攻の勉強ができないストレスで2ヶ月も続かなかった。

部活や仕事や習い事だけではない。自分でやろうと決めたこともすぐに飽きてしまう。仕事を始めたばかりの頃は、「一日の学びを残しておこう!」とノートを買ったけれど、体力仕事すぎて文章を書くのがままならず、二日しか続かなかった三日坊主を上回ってしまったぞ私。一日のスケジュールをメモする小さいノートに、「今日知ったこと」をその都度書くようにはしているので、一応学びは残せているけれど……コレジャナイ感は否めない。

 

そんな私が今、憧れているのは「日記帳」である。

世界記憶遺産にもなった『アンネの日記』みたいに、人には言えないことを「でもあなたにだけは打ち明けるね」とこっそり親友に話すみたいに書いて、小さな秘密が積み重なったノート。それは、私にはとても、きらきらして見える。

 

だが、日記帳を書き始めようとする私に、もうひとりの私が言っている。「いや、ムリだろ」と。

 

どうすれば日記帳を書けるか?

とりあえず、ほぼ日手帳2017と画材を買ってきた。ほぼ日手帳は来年から書くので、抽斗にしまって気付いたら3月、とかにならないように机の上の、目立つ所に置いておく。そして毎日書かなくてもいい、というルールを定め、昔っからある謎のノート(中身は真っ白)に絵を描くことにした。まだ二枚しか書いてないけど。元々「日常的にお絵描きする人」になりたかったというのもあるけれど、「ノートに向かう」習慣を身に付けようと思ったのだ。

 

……果たして私は、日記帳を書ける人になれるのだろうか。神のみぞ知る、だ。