どこまでも歩けるはずなんだ

読書と仕事と妄想と。ゆるゆるやっていきたいです

夏が来るといつも

終戦の日ですね。

毎年、この時期は道を歩けばくらくらするほど暑かったような気がするが、今年は曇り空が多くて、涼しい。このまま真っ逆さまに秋になればいいのに。

 

さて、久しぶりに本の記事を書いてみることにする。

小説のジャンルに「戦争文学」というのがありますよね。私はものすっごく臆病なので、紙に書かれているものであっても爆撃や人が焼けて死んでいく描写には耐えられない。SFだったらまだ何とか読めるのだけど、実際の戦争を題材にしたものはもうダメだ。まるで自宅が爆撃され、本を持っている自分の腕も焼けていくような感覚に陥ることがある。

紙媒体でそんなんなのに、映像なんて以ての外だ。アニメはもちろん、写真や映画、当時の録画なんて本当に怖い。見るだけで全身が震え、時には涙が止まらなくなることがある。こんなことが身に起こった人がいるなんて、と絶望するし自分も同じ状況になったらきっと苦しみ抜いて死んでしまうし、悲しみと恐怖が綯交ぜになって動けなくなるのだ。

小学生の時、夏休み前になると道徳の時間で「平和学習」と称して原爆の映像をみんなで見たりしたけど、私は顔を上げることができなかった。できれば耳も塞ぎたかった。絶対に泣くから。小学生は学校で泣いちゃいけないのだ。

 

しかし、あらゆる戦争を題材にした創作物や実録に震える私が、唯一好んで、毎年読み返す本がある。皆川博子さんの、『倒立する塔の殺人』だ。

Amazon CAPTCHA

舞台は太平洋戦争末期、主人公のベー様は軍事工場として使われているが爆撃を受けた母校を片付ける日々である。しかし母が米軍の掃射に遭い死亡、さらに妹が衰弱死。出征して帰ってこない父への伝言を近所の人に残して、同級生で仲良しのお嬢さま・小枝の家に身を寄せることになる。小枝も家族が空襲に遭い、身内は叔母さんだけだ。

唐突に戦争は終わり、学校へ再び通うことになったベー様と小枝。しかし、戦中はさんっざん「御国のために」と唱えていた教師たちは、掌を返したように「戦争中の日本はどうかしていた、これからは民主主義の時代だ」と言う。

帰ってから、ベー様は小枝に一冊のノートを手渡される。小枝がお世話になった、謎の死を遂げた先輩(防空壕があったのになぜか避難せず空襲で死んだ)が残したものだと言う。「ベー様なら何か分かるかもしれない」と小枝にノートを託されたベー様は、ノートの中身を読み解いていくーーー。

というストーリーである。

この小説のすごいところは、挙げたらキリがないのだが、個人的には、太平洋戦争末期を舞台にしながら、焼けた街とか、死んでいったベー様の家族のことに、あまりページを割いていないところだと思う。あくまで、ベー様個人の小枝の世界、お嬢さま学校と先生とのバトル、そしてノートについて語られていく。非常に抑制が効いていて、描きたいことをドンッ! と描ききっている感じがする。

 

物語の終わり、ベー様は、米軍通訳をしている小枝の叔母さんの家を出て、自分の家に帰る。小枝の叔母に信頼されていたベー様は、一緒に米軍相手の商売をしようと誘われるが、「その方が儲けはあるだろうけど、それでも私は、自分の母を殺した連中に笑顔で物を売ることはできない」と、家族で商売をしていた頃の経験を頼りに店を作り、父親を待つことを決める。

 

この、ベー様の、周りが「神国日本」とか言い出そうと、いきなり「アメリカは偉い」「民主主義万歳」みたいな感じになろうと、自分の中のまっとうな感覚(疲れたら休む、無茶はしないし人にもさせない、でもしっかり働く、大好きな人を大切に思い続ける)を忘れないところ、読むたびにかっこよく思えるのだ。

 

きっと平和って、自分の芯を忘れずに生きていけることなんだろうな、とふと考える。

あなたは平和ですか?

私はちょっとだけ揺れぎみです。

 

眠れないので近況報告。

こんばんは。

またはおはようございます。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

眠れないので、ちょっと近況報告でもしてみっか、とブラウザを立ち上げ、この文章を書いています。

 

えー、先週の金曜(2017.7.21)から体調を崩しております。

気付けばもう一週間もほぼ寝たきりではありませんか。怖い。こんだけ休んでも元気にならないのも怖いが、何より時間の経過やばくないかこれ。学生時代ですら、こんな生産性のない日々を一週間も過ごしたことがないぞ。

 

金曜、出勤してから「んーーー何か喉の調子悪いな……」と思っておりましたが、まさかその後こんなに長いこと引きこもり生活を余儀なくされるとは思いませんでしたわ、ハハッ。

 

土曜は喉の激痛に加えて鼻づまりに微熱という症状で、「あー、ちょっと風邪引いちゃった」と呑気に構えていたのですが、今思えば、「食欲がない」という時点で警戒すべきだったのです。食欲の化け物だからね私。普通の風邪くらいじゃ多少しんどくても飯だけは普通に食べてたじゃないか。

 

日曜も上記の症状に加え「目眩がして立つのがきつい」というやばみのある状態になりましたが、本当に「あかんわこれ」と思ったのは月曜でした。

39度近い熱が出たのです。

私は、普段は低体温(35.8くらい)ですし、風邪を引いた時も熱がほぼ出ない体質だったので、温度計を見て目玉が飛び出るかと思うくらいびっくりしました。は??? 38.8???? 壊れてんじゃねえのこれ????? という感じ。

 

高熱に不慣れなあまり、「わたし……しぬんじゃないかなあ……」と泣き言を言いながら、母に看病されていました。ありがとう実家。ありがとう元医療関係者の母。おでこ、首、脇の下、太腿の付け根の計6か所に冷却材をひたすら当てていたら、何とか一晩で熱は下がりました。

 

翌日はそのまま病院に行き、薬を処方されました。それを飲みながら休養する日々。熱が下がったり上がったりを繰り返しながら、何とか今は「出かける(及び仕事する)のはムリだが、座ってブログを書いたり、(自分でも信じられないくらい少ない量ですが)ちょっと食べたり、はできる」という状態になってます。喉の痛みと鼻づまりもだいぶマシ。でも、寝起きは辛いので、なんだか寝るのが嫌になってきてます……。

 

体調不良飽きた!!!

デブのおしゃれ2017summer

夏である。

そして私は相変わらずデブである。

 

大学時代のおしゃれ恩師の影響でファッションに興味を持ち、ちょっくらおしゃれしてみるかと思うようになった私だが、しかし体型の壁は高い。そしてやせたらもっと可愛い服が着られるのは分かってるのに、やせられない。というかやせる気がない。

 

意志の弱い一デブであるこの私が、服を選ぶ時に気をつけていることは以下の三点である。

1.サイズを間違えない

2.似合わないトレンドには乗らない

3.形はコンサバ、色は華やかに

 

f:id:onomachi009:20170711232432j:image

↑とりあえずこれを着たら何とかなる、我がクローゼットの守護神的カーディガン。仕事にも遊びにも着ます

f:id:onomachi009:20170711232555j:image

↑去年買った私のファッションバイブル。何度も読み返してます

 

まず1番。これは最も注意だ。楽だからといって大きめサイズを選ぶとだらしなく見えるし(しかも油断しちゃって余計太る)、細見えを目指して小さめサイズを選ぶとパツンパツンでみっともない。さらに、肩幅がアホみたいに広いので、これ以上広く見えないようなコーデをすることも大切。

 

そして2番。やせ型〜普通体型で顔に特徴がありすぎない人なら、色んなトレンドに乗れるのかもしれないけれど、デブの上にそこそこ顔に特徴のある人が似合わないトレンドに乗るのは危険だ。大事故が起こる。

今年は民族柄(ボヘミアンというのだろうか?)が流行っていて、特に花柄ロングカーディガンはどこ行っても見かける。しかし私は買っていない。なぜならロングカーディガンを着るとシルエットがハグリッドになるからである。

f:id:onomachi009:20170711233142j:image

ハグリッドは大好きなキャラクターだが、コスプレをする気はない。

 

最後に3番。灰色のスウェットや伸びきったよれよれのTシャツを着ていると、いかにも「ジャンクフードが主食の人」「だらしない人」に見える。同じデブなら「良いものをたくさん食べてるから太ってる、富裕層感」を出したいので、私はちょっとレトロでお嬢さんな感じのコーデを好んでいる。10歳くらい老けて見られるので「お嬢さん」というより「マダム」だが、まあいい。

しかし、そういうコーデをベーシックカラーでまとめると地味でつまらないので、赤いバッグを持ったり、守護神オレンジカーディガンを羽織って華やかさを出す。体積が広いので、派手色を着ても割とケバくならず、大らかな感じが出るのはメリットだと思っている。

 

今年は、守護神オレンジカーディガンに頼りすぎないようにするため、アクセサリーを買い足した。(今年のオレンジは何かレンガ色に近いやつしか見つからないので、大切に着なければならない)

f:id:onomachi009:20170711234907j:image  f:id:onomachi009:20170711234916j:image  f:id:onomachi009:20170711234922j:image

日焼け防止にカーディガンを羽織るのもいいけど、今年はTシャツ一枚でもだらしなくないデブを目指すぞ…!

あなたはどの歌が好き?(から紅リピが止まりません)

(ちょっとネタバレ)

こんにちは、もう「劇場版名探偵コナン から紅の恋歌」はご覧になられましたか? 劇場版名探偵コナンの中でも五本の指に入ると思われるくらいの傑作でしたね!

 

総被害額を想像すると胃が痛くなるほどの派手なアクションが特徴である劇場版コナンですが、今回はアクションよりもミステリーを重視したストーリーで(テレビ局爆発したけど)犯人が二転三転して面白かったし、

さらにさらに、服部平次くんの婚約者を名乗るかるたクイーンの登場で嫉妬したり勢いでクイーンとのかるた勝負を引き受ける激かわ和葉ちゃんが観られてほんともう最高でした。平和はいいよ〜〜!!! 幼馴染ケンカップル可愛いすぎ尊い〜〜🙏🏻🙏🏻🙏🏻  

劇中で、原作の平和シーンがふわぁああって出てくるシーンがあって、もう20年近くコナン観てて推しキャラ平次なので思わず泣けて来ましたよ…! 君らいっぱいいろんなとこ行っていろんな事件に巻き込まれて一緒に帰って来たんだよなあ…って

 

観てないからまったく話が分からんって方も、まだまだ上映されてる(はず)ので安心して見ろ。

f:id:onomachi009:20170619161319j:image

 

さて、事件の鍵となるのは競技かるた及び百人一首🍁

私も国文科卒の端くれなので、百人一首はもちろん勉強しましたし、今も大好きです。ですが映画をきっかけに、さらに詳しく和歌を読み込んでみたくなり本を借りてきました📕

 

平安時代歌人藤原定家が名歌を集めた百人一首。季節を詠む歌、旅立ちの切なさを詠む歌、色んな歌がたのしめますが、何と言っても特徴的かつ人気が高いのは恋の歌ではないかと思います。めっちゃきゅんきゅんするから一度読んで読んで!

 

和葉ちゃんの好きな歌は、平兼盛の「忍ぶれど 色に出にけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで」(隠していたつもりなのに、私の恋心は顔に出てしまっていたようだ。恋でもしているのかと聞かれるくらいに)。

「隠しても隠しきれへんのが、あぁ分かるなーって」と言っていたけど、平次への恋心何も隠してないわよあなた!!! 隠す気あったんかいびっくりだわ!!!!  まあ、そんなところも可愛いのでよしとする。

 

あなたが好きな歌はどれですか?

私は、陽成院の「筑波嶺の峰より落つるみなの川」と紫式部の「めぐり逢ひて 見しやそれともわかぬ間に」ですね。

前者は、「少しずつ流れる水がやがて深い川となるように、君への思いも積もり積もって、とても深くなってしまった」という意味。陽成院は9歳で天皇に即位するも問題行動が多すぎて廃位された筋金入りのヤバイ人なのだが、そんなアウトローな奴が妻にこんな可愛い歌詠むのって最高じゃないですか?! 好きになるわこんなんずるい!! 高貴な生まれの本領発揮という感じだ。

後者は、「せっかく久しぶりに会えたのに、あなたかどうかも分からないうちに、雲に隠れる月みたいに帰っちゃうなんて」という意味。紫式部が幼馴染の女友達とさよならする時に詠んだ歌らしいのですが、恋だろこれ。百合好き心を大いに刺激してくる歌である。あーでも何か分かるなあ、萌えとかそんなんを超えて。

 

から紅×百人一首萌えで、毎日楽しいです。

おいでよから紅沼。

理不尽な世の中で私も理不尽の嵐を起こす、のを辞めたい。-「考えるマナー」感想文

 世の中は理不尽だ。

 電車の中で足を踏まれてなぜかこちらが睨みつけられ、ホームではおっさんと勢いよくぶつかり一言謝ったら完全に無視されかばんを投げつけてやろうかと思い、カウンターに立てば駅前の人通りが多いところに喫煙所があるのはおかしいと絡まれる。それうち関係ねえよ役所にでも言ってくれ。

 ひきこもるぞこの野郎。

 と思うことが何度あっただろうか。私が社会不適合者なのか、それとも社会が不適切な何かであるのか。社会の方がおかしいのだと信じたい。足を踏んだりぶつかったりしても謝らない人とか文句を言う場所間違えてる人が多数派なんて私は信じたくない。絶対に信じないから!

 しかし、どれだけ信じられなくても、びっくりするような頭のおかしな人は一定数いて、容赦なく出会いたくもなかったのに遭ってしまって、どうにか対処するしかないのである。き、厳しいぞ社会の荒波。

 

 こんなふうな、日常のちょっとした理不尽に悩みやすい、というか意地でもこんな社会には慣れも迎合もしてやらんぞと固く決めている人にものすごく薦めたい本を読んだ。

 中公文庫『考えるマナー』である。

f:id:onomachi009:20170320151936j:image

 作家やエッセイストが、さまざまな場面でのマナーを「こうするべきなのでは」「こうしたいのだが羞恥心のせいでものすごく悩む」「そうかこうしたらいいのだ」と主張したり悶々としたり解決したりする、自由で愉快なコラム集である。

 読んだ人の数だけ、きっと共感するコラムは違うと思うのだが、私は穂村弘さん、三浦しをんさん、津村記久子さんのコラム共感率が高かった。井上荒野さんのコラムも、たまに「ものすごく分かる!!!」というものがあったかな。

 

 特にお気に入りなのが、穂村弘さんの「距離感のマナー」だ。

 会社員時代、コピーの順番待ちの時に首に息がかかるくらい距離を詰めてくる先輩の意図が分からなくて怖かった。逆に、近所のコンビニ女性店員はお釣りを渡す際に空中で手放し、いつも手のひらに小銭がぼとぼと落ちてくるので切なくなる。

 ほとんど無意識のうちに、私たちは距離感を計算し合わせながら生きている。自分が思う距離感と違う距離感で接してこられた時、私たちは不安になったり不快になったり恐怖したりする。すごくよく分かる。

 穂村さんはある日、病院で距離感の達人と出会う。待合室で一緒になったおばあさんが延々と身の上話をしてくるので困っていると、おばあさんが呼ばれ診察室に行く。ホッとしていると、中からこんな会話が。

「先生、今日、私、誕生日なんですよ」

「そう、おめでとう」

「90歳」

「じゃあ、お祝いに爪を切ってあげよう」

  誕生日祝いに爪切り?!

 やばいやばいやばい、全然ロマンチックなシーンじゃないのに、ときめきが止まらない。こんな人にいつか出会いたいものである。

 しかし、今日も今日とて、通勤路にも職場にもこんな人は現れない。そろそろ人生を変える時が来ているのかも知れない。そして願わくば、理不尽に理不尽で対抗するくせを辞めたいものである。

(ぶつかっても謝られなかったからってさりげなく鞄を思いっきりぶつけたり、ものすごく不愉快な客に書類を書いてもらう時に「では恐れ入りますがこちらご記入ください~」って紙にボールペン突き刺したり、ね)